昨夜大和高田市の「辻甚」にて稲次先生のサプライズパーティーがありまして、出席し、大先輩の大腸グループの先生から一緒に仕事をしてきた同僚や後輩と美味しいお食事を頂きました。
 稲次先生は来年喜寿を迎えられますが、長年にわたり肛門疾患に携わってこられました。その集大成となる「おしりの病気アトラス」が11月に出版されました。一つ一つの症例を大事にされ、すべてファイルに残し集めてこられました。私も「チーム稲次」の土庫病院勤務時代には多くの肛門疾患を診ることができ、共同研究者として名前を掲載して頂きました。約2年の執筆期間は休みも返上し、院内の電子カルテのある自室にこもっておられたようです。
 本当にお疲れ様でした。臨床現場で本当に役に立つ、ありそうでなかったアトラスを作成頂きありがとうございました。
IMG_1657
 IMG_1645
IMG_1646
IMG_1651
IMG_1648
IMG_1661
IMG_1662
IMG_E1664
IMG_E1669
IMG_1671
IMG_1518
IMG_1519