昨日、新しい上下部消化管内視鏡システムが搬入されました。今までのシステムも導入当初は最新システムでしたが、医療機器の進歩はすごいです。今度の新兵器はAI技術を活用して病変のリアルタイム検出・鑑別を支援するシステムです!胃と大腸内視鏡が新しくなりましたが、特に大腸内視鏡検査の粘膜観察時にAI技術により異常病変を感知し、教えてくれるんです。さらにモードを変えると質的な診断までしてくれるので非常に助かります。有力な助っ人ができた感じ。もちろん見落としの防止につながるため精度も向上します。これはすごい装置です!
 現在、奈良県内で2番目の導入です!1番目は内視鏡専門の某クリニックで、当院は2番目!これから順次大学病院など大きな施設にも導入されていくでしょう。
IMG_4516
pic_cadeye_10
fig_cadeye_10
pic_cadeye_12